ちょびリッチ ランク 制度 ポイントタウンと比較!最大15%ポイント増量

ちょびリッチ ランク 制度 ポイントタウンと比較!最大15%ポイント増量

この記事のシェアはこちら

ちょびリッチ ランク 制度が開始されました。ちょびリッチの利用頻度によってプラスボーナスがもらえる特典。最大でなんと15%ポイント増量される会員ランク制度です。

ポイントサイトとしてはポイントタウンが採用していたランク制度。今回のちょびリッチのランク制度と比較しながら会員ランクを見ていこうと思います。

ちょびリッチ ランク 制度で最大15%ポイント増量!プラチナ獲得方法

利用状況に応じての会員ランクがあり、レギュラー・ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナの5つ。

会員ランク別に、コンテンツでの獲得ポイントに対してポイントを増量されます。プラチナランクではお買い物・アプリダウンロード・アンケート・ちょびリッチモニターでのポイントが15%の増量でプラスされます。

※お買物のうち、「ちょびリッチすごろく」での獲得ポイントは増量対象外です。
※モニターで貯めるコンテンツ内の「ちょびリッチ×テンタメ!」「ちょびリッチ×レシポ!」での獲得ポイントは増量対象外です
※増量ポイントは末締め翌月15日に付与されます。

これで毎月15日が楽しみになりますね☆

気になるのが 会員ランク アップするための条件。会員ランクは、過去6カ月間のポイント獲得回数または獲得ポイント数によって決まってきます。

会員ランクアップ条件
利用回数12回 or 獲得ポイント数30,000pt ⇒プラチナランク
利用回数6回 or 獲得ポイント数20,000pt ⇒ゴールドランク
利用回数3回 or 獲得ポイント数5,000pt ⇒シルバーランク
利用回数1回 or 獲得ポイント数500pt ⇒ブロンズランク
利用回数0回 or 獲得ポイント数0pt ⇒レギュラーランク

ポイント獲得回数または獲得ポイント数どちらかをクリアすればいいので以外と簡単な印象ですね!コツコツ利用すればプラチナランクになることはできますよ☆利用頻度によって一気にプラチナランクにアップさせることができます。

ちょびリッチのランク制度 VS ポイントタウンのランク制度 比較

ちょびリッチで開始されたランク制度。以前からランク制度があるポイントサイトのポイントタウン。どちらを優先的に利用した方がいいのかきになりますよね。ちょびリッチ ランク制度 とポイントタウン ランク制度 を比較していきます。

【ポイントタウン ランク制度 の特徴】
<条件>
ランク対象サービス承認回数1回 または アプリダウンロード件数1件 ⇒ブロンズ
ランク対象サービス承認回数3回 または アプリダウンロード件数5件 ⇒シルバー
ランク対象サービス承認回数6回 + ランク対象サービス獲得ポイント1,500pt ⇒ゴールド
ランク対象サービス承認回数12回 + ランク対象サービス獲得ポイント3,000pt ⇒プラチナ
<特典>
1.デジタル系交換先へのポイント交換がリアルタイムで完了!
高ランク(ゴールドまたはプラチナ)の方は、デジタル系交換先へのポイント交換がリアルタイムで完了します!
2.スタンプラリーのクリアポイントがランクが上がるごとにアップ!一週間で120ポイント
3.アプリをインストールして獲得したポイントにランクボーナスポイント15%
4.ポイントタウンリサーチで獲得したポイントにランクボーナスポイント15%
5.ランク更新メールのクリックポイントがランクが上がるごとにアップ!最大100ポイント
6.プラチナランク半年間継続特典「プレミアムガチャ」最大12,000pt

ちょびリッチのランク制度 特徴

ポイントタウンではレシートを撮影してポイントがもらえるレシポがランクカウント対象になっているので非常に簡単にプラチナランクにアップすることが可能ですね。ただ6ヶ月間でランクが落ちてしまうので継続的に利用する必要があります。

ポイントタウンと比較して ちょびリッチ ランク制度は一度プラチナに移動すれば、その後ゴールドに維持されるので特典を受けやすく、さらにちょびリッチではモニターもランクボーナス対象なので、店舗でのモニターなどでもかなり活躍する制度になっていますよ。

私はポイントタウンのボーナスポイントにも惹かれるので通常はポイントタウンで。おトクな広告を見つけてちょびリッチを利用しようと思います。

→次のページ 【評判】ちょびリッチの稼ぎ方がスゴい!たった1つの理由とは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう